好奇心と実利の共存、そして繁栄。

仕事と育児の事を書きます

クラウド会計ソフト「freee」バックオフィス業務の自動化は個人事業主や中小企業の課題の一つ

クラウド会計ソフトの「freee」が凄すぎます。これは本当に凄い。担当者の説明聞いて久しぶりに鳥肌立ちました。ちょっと要点まとめてみたので経営者、財務、経理担当は是非読んで下さい。

まず何が出来るかって言うと、例えば飲食店なんかは、posレジ閉めた段階で日次試算表が出せるし、取引先別や品目別に収益レポートが「リアルタイムで」出せます。大手チェーンが数千万円かけて作った日次決算システムと顧客管理システムの一部機能が月額数千円で利用できるイメージです。

インターネットバンキングやクレジットカードと連動させる事で日々の口座取引がそのまま自動で仕分けされるので、いちいち税理士に資金繰り表やその他レポートの作成を依頼しなくても、ネット環境さえあればどこでも自社の「現在時点での」(←これ大事)財務全容が見られます。

posレジが絡まない現金取引の場合、レシートや領収書をスマホアプリからアップロードすれば画像からAIが日時と取引先と科目と仕分けを自動判別(他社の取引から得られたビッグデータや電話帳などから)して処理してくれるから、他の会計ソフトみたいに一々現金出納帳をつける必要も紙ベースで保存する必要もありません。勿論画像データはエビデンスにもなります。

あとは給与計算や各所に提出する帳票作成なんかもソフト内の数値が反映されるので、これもいちいち税理士に頼む必要ありません。

正直、これあれば中小企業のバックオフィスは殆ど自動化できます。ただ、地場の税理士事務所だとクラウド会計ソフトに対応できてない可能性あるのがネックです。JDLとかその他会計ソフトからも数値をインポート出来るそうなのでそこら辺は顧客の意向を呑んで勉強しろよって感じです。

僕は正直、そんなレベルの税務会計顧問ならこれから先淘汰されると思いますし、「お付き合い」という生温い理由で残しとくレベルの革命じゃないです。

ウチはおそらく当期が終わった段階で導入します。いやぁ本当に凄い。

 

https://www.freee.co.jp